男女がお付き合いをしていく上で、今の時代にかかせないツールが「メール」です。

デートクラブで出会った男女も、初回のデートでメールアドレスを交換し、その後は電話よりもメールで次に会う日を決めたり、会話を楽しんだりする方が多いと思います。
その為、メールで気持ちを伝えることが苦手だったり、文字を入力することが億劫なタイプの人ですと、「面倒くさく思っているのかな」、「話が続かない」と思われて、知り合ったばかりなのにいつのまにか疎遠になってしまうこともあるようです。


直接会って話している時間はよかったのに、メールが苦手ということで次の約束をする前に、関係が終わってしまう可能性もあるのです。
逆にいえば、メールのテクニック一つで、デートクラブで出会った女性と、会っていない時間でさらに良い関係性へ距離を縮めることもできるのです。

まずメールで一番大切にすべき点は、「相手のペースを尊重する」ことです。
人は皆、個性があり、性格は様々です。
実際に会った時は笑顔が絶えず明るい子だったのに、メールでは短文で素っ気なかったり、会った時は緊張していて固かったのに、メールでは絵文字がたくさん入ってノリノリな雰囲気だったり・・・。

難しいことではありますが、相手からのメールを見て、メールの回数、文章の長さ、絵文字を相手のペースに合わせることをおすすめします。
毎日メールをしたい女性もいれば、仕事が多忙でメールを頻繁に返信できない女性も中にはいるでしょう。
似た者同士は自然と惹かれあうといわれておりますので、自分のペースでメールを送り続けるのではなく、感情やペースを相手の女性に似せるようにすると、女性が貴方のことを「心地の良い男性だな。」と感じるようになり、親密な関係に発展しやすくなるでしょう。
「自分と合わないな。」、「メールが面倒くさいな。」と相手が感じてしまうと、「もうこの人とは合わない」と思われてしまいます。

好きな女性との距離を縮めるには、メールのペース、雰囲気を相手に合わせてみましょう。
是非ご参考になさって下さい。

a0001_017628