「ケンカするほど仲がいい」なんて言葉がありますが、ケンカを見ている方からすれば気分がよくないですよね。
終電間際、駅の改札前で口汚くケンカをしていたカップルが、車両内でも両者退かずに延々とケンカをしている様子を見かけることがあります。
男女が罵りあっている姿は、他人事であっても周囲の人は気疲れしてしまいます。
また、ケンカをするにしても、公衆の面前で大喧嘩するのは避けたいですよね。



交際クラブを利用されるような、社会的に成功している男性ほど、人前で怒鳴ったり、激昂することに抵抗のある方は多いものです。
短気で横柄な男性は誰からも尊敬されませんし、コミュニケーションも円滑にはいきません。
それでは社会的な成功はもちろんお金も集まるわけがありません。
成功されている男性は声を荒げたりする必要性を感じていないのです。
感情的になって費やす労力や時間が無駄なのです。
若い頃はケンカっ早かったという方でも、年を追うごとに、「寛容になった」とおっしゃる男性も少なくありません。


もちろん女性側も、感情的になってケンカに持ち込む姿勢はいけませんが、相手が冷静であれば、ケンカはそう長くは続きません。
電車の中のカップルのようにお互いを貶し合っていては誰かが仲裁しない限り延々に続いてしまいます。
せっかく理性があり、言葉があるのですから、穏便に話し合うのが大人の男女です。
男女がお付き合いをしていく中で、ケンカは付きものかもしれませんが、自分を冷静にコントロールできることは良い関係を築き続ける秘訣と言えるでしょう。
もし、交際クラブで出会った女性と不穏な空気なった際、女性を責めるようなことはせず、まずは話し合いをしてみましょう。
「ケンカするほど仲がいい」そう思える関係性になれたら最高ですね。